解決:Surface Pro 3 で「USB xHCI 対応ホスト コントローラー」がスリープしない

今どきの環境と新しいOSの勉強がしたくて、今年の7月にSurface Pro 3を購入。いろいろ格闘しながら約3か月が過ぎました。

使っていくなかで問題点もちらほら、その問題点の中の一つ、スリープ状態(Connected Standby)してもバッテリーが消費し続けられてしまうという現象に悩まされ続けて、何とか解決したのでメモ。Connected StandbyはInstantGoに改称されたらしいけど、まったく広まってない感がすごい。

コマンドプロンプトで、

POWERCFG /SLEEPSTUDY

すると、スリープ時のログがsleepstudy-report.htmlが作成されるのでブラウザで開いて確認。

だいたいいつもこんな感じで、スリープ中にバッテリー残量がガンガン下がってる状態。もれまくりです。

sleepstudy1

内訳を見ると、「% LOW POWER STATE TIME」が0%になっている。すなわち、スリープ中に全く省電力な状態に落ちてない。

「USB xHCI 対応ホスト コントローラー (\_SB.PCI0.XHC)」の「%ACTIVE TIME」が100%になっている。おまえかー!

sleepstudy6

ホストコントローラ自身が悪さしているとは思えなかったので、恐らくホストコントローラ配下ぶら下がっているデバイスのせいなんじゃないかと思う。念のため、ホストコントローラの「電源の管理」の設定を見ても、「電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフできるようにする」にはチェックが入っていた。

さらに内訳を見てみると、「No active components. 」…なんで?

sleepstudy7

USBViewで、ホストコントローラ配下に何がつながっているのか確認してみる。

「USB入力デバイス」というのがタイプカバー(キーボード)で、タイプカバーを外しているときにも症状が発生するので問題なさそう。

「Marvell AVASTAR Bluetooth Radio Adapter」が怪しいかな…。ちなみに、このBTアダプタの「電源の管理」の設定も、「電力の節約のために…」のチェックが入っていた。

usbview

試しにBluetoothをOFFにしてスリープしたところ、「% LOW POWER STATE TIME」が100%になった!

sleepstudy5

Bluetoothが使えないと困るので、さらに切り分け。そういえば、スマホとペアリングしていたのを思い出して、ペアリング解除してみる。

sleepstudy4

やった!やはりスマホとペアリングしていたのが原因だったみたい。

sleepstudy3

念のため、再度ペアリングしたら症状が再発し、解除したら治ったので間違いなさそう。

まとめなので一気に書いているけど、情報がほとんどなくて、ここに至るまで長い道のりでした。これで安心して運用できそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。